「当たるの?」

と、よく質問される。

未来がもし100%当たるのであれば
占い師という職業は、ないのかもしれない。

何故か?

100%当たる占いはあまり意味を成さないからだ。


「あなたはギャンブル運が悪いのでギャンブルをしてはいけませんが、時おり入る小銭に踊らされて、一生ギャンブルに浸かり、多くのものを失うでしょう」

こんなことを言われたら
ギャンブルを辞めようと試みる人が居るかもしれない。
けれど、100%ということは、それが一切回避できないということだ。


時々、自分の死期を質問される方がいらっしゃる。
「いつ死ぬかわかれば、これから先の人生を計画的に生きていける」

という主張は、そもそも間違いである。

「たなたは○○年○月に死にますが、この言葉が信じられず、計画的にしようと思っても後手に回り、仕事の計画が途中の状態で亡くなります」
っていうのが100%の予言である。

回避ができない。


占いは未来を当てるのが目的ではない。


本当の目的は
「幸せになる」
ために存在する。

幸せになるために、人は質問をする。
「ギャンブル運が悪くて人生をめちゃくちゃにしてしまうなら、ギャンブルをやめようと思う!」

この言葉には

変わらない未来と
変えられる未来とが

混在している。
あり得ない矛盾を人は平気で考える。

「彼と私は付き合えるの?
付き合えないならやめるわ!」

100%ということは
「彼と付き合うことはできませんが、かといって他の男性を吟味してもパッとせず、彼が彼女を作って結婚する、およそ二年の間、あなたは苦しむことになるでしょう」

ってことだ。

こんな占いが、果たして価値があるだろうか?


ちなみに
ある占い師さんが
「僕は稼ぎすぎるとよくない運勢なので、中程度の成功がよいのです」
と、言いはなったが

生きてて楽しいのか?
とは、思う。

が、そんな彼の言葉にもおかしな要素が含まれている。

稼ぎすぎるとよくないので、中程度がよい。
と、あたかもその部分においては主導権があるように聞こえるではないか。

例えば100%とは
『僕はどんな努力をしても中程度の成功以上にはいけませんが、○○年、大きな飛躍をします。
しかし、その飛躍は偽装で裏で汚いことをする飛躍なので、警察に捕まり、周りの人間は散り、散々になります』

みたいのが『当たる』ということではないかと思うのだ。


なんの価値もない。


占いの的中率は個人差はあれ、概ね六割だと言われている。


だから、価値がある。


『あなたはギャンブル運が良くない可能性があり、ハマると大変なことになる気質を持っているようなので、気を付けましょう』

残りの四割で、変えていくことが出来るのだ。

100%ではないことで
幸せになるために、占いが価値を持つ。

可能性ある負の出来事を回避できるから。
回避したということは
ある意味で、外れたということだ。


私は願っている。
幸せなことは当たるために向かって頂きたいし
不幸だと感じることは、外していただきたい。


そして、
そのために何が必要か、占い師は頭を絞らなくてはならない。
また、
何が幸せで
何が不幸なのかを

お客様含め、お客様の価値観で考えるサポートをしていきたい。


占いってのは
本来

そうやって使うものだと思っている。






image姓名東洋数秘術とは?image



↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓
メルマガ登録



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




月曜、木曜は開○館E&E 名古屋駅サンロード店にて「風香」という名前で鑑定しています。
サンロード店TEL→052-569-5610



メール占い専門館
メール鑑定も行っております。
コチラ↑の鑑定は、一律5250円となっています。




。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆


比良井しほりが講習するわくわくタロット講習ご参加の希望方は→タロット講習ボタン



比良井しほり製作の占いカード! Element Card絶賛発売中!
カードお申し込みの方は お問合せフォームから「Element Card希望 シルバー または ゴールド」と書いてください。
→■お問合せ




比良井はメール鑑定も請け負っています♪メール鑑定
コチラ↑は、料金設定が豊富に用意されています。

。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆





ブログランキングに参加しています♪
ぽちっとして、応援してくださいね(^.^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ