比良井しほり☆占いの館 □青魔道系占い師 比良井しほり□

こちらは名古屋の占い師 比良井しほりの運営する占いサイトです


自由気ままにやっている 名古屋生まれの 青魔道系占い師です(^^)



↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓
メルマガ登録


占い+αのスクールグロリオーサ 様にて占い講座の講師をしています。

August 2011

こんな時間ですが、我慢できずにたこ焼。

写してないけど、傍らに、タロット書籍。

地味にミスマッチな感じが

個人的に、ヤヤウケ。

ま、占い師的には普通だけど。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

おはようございますっ!

って、
もう、昼だけど(^^;


最近、鑑定をしていて思うのですが、男性って言うのは、本当にプライドの高い生き物なんだなぁ……
って思わされることがあった。

いや、違うか。

女性も同じくプライドが高いのですが、割とそのプライドの置く場所が、男性とは違っていたりするケースが多いのかな。

例えば、

無職である事に対して、とか。

男性と女性とでは、世間的な認識が微妙に違う。
故に、そこに対するプライドの持ち方っていうのも、違う。


「男は、変なプライドがあるからさ」


って、男性はたまに言うんだけど、
「女性は若くて綺麗な方がよい」

という世間の価値観があるから、女性は男性よりも「若くて綺麗」であることに対して、プライドを持つわけだよね。

「女は洋服を選ぶのが長い」
とか
「化粧が長くて困る」

とか、割と耳にする気がするんだけど、
男性が仕事に対してプライドを持つのと同じくして、
女性は若さと美しさに対してプライドを持つケースが多いわけだから、

そりゃ、時間もかかるわけですよね。

「男は変なプライドがあるからさ」

それは、多分女性も全く同じなんだろうなぁ。

なんて思う。

仕事をバリバリこなす女性は、男性と同じような仕事に対するプライドを持っているし、
男性が仕事の悩みをなかなかプライドが邪魔をして、誰にも打ち明けられないケースがあるように、
女性も仕事をバリバリこなされている人は、プライドが邪魔をして、誰にも打ち明けられないケースがある。




「女性はさ。仕事の側面においても、変なプライドがなかったりして、逆に凄いと思わされることがあるんだよね」



と、男性に言われたことがあるが、
それは、

見方を変えれば、
「男性の多い職場で働く女性は、既に『女だから』という足かせを貰っており、変なプライドを持った瞬間に、仕事上、立ち行かなくなるから」
なのではないか、と。

逆に言えば、「男は変なプライドがある」というのは、

「変なプライドを持ち続けられるような環境に甘んじられている」

という見方も出来るんじゃないかな、なんてことも言えるのではないかななんて思う。


ま。
私は割りとプライドが高い方らしいので、肉を切らせて骨をたつというような選択が割りと下手なんだけど。


自分に言い聞かせていることは、


「そのプライドで、飯が食えるのか?」


という事だったりする。


プライドを持っているからこそ、人は頑張ったり成長を促されたりもするんだから、プライドそのものが悪いとは思わない。
けれど、時にプライドは自分の成長の妨げにもなるわけだ。


そのプライドを守って、私はご飯が食べられますか?


勿論、ご飯が食べられなくとも、自分が自分であるという主張が出来るためのプライドの場合は、
自分の自尊心が生きるか死ぬかな瀬戸際なんだから、守らせていただくケースはあるんだけど。



「飯も食えないプライドなら、捨ててしまえ」



割と、昔は言い聞かせていたりした。


時折、男性は

そのプライドを守ったが故に、仕事上でのスキルアップの機会を逃し、成長の機会を逃し、女性からの信頼を欠く――


というケースがあるような気がしてならない。


そのプライドは、どんなに悩んで誰にも相談できなくとも、占い師の元へ足を運ぶことを拒むだろうし、
占い師の言葉を、全てにおいて否定したがる状態を生むことがある。


武士は食わねど高楊枝?


それは、時にアッパレなんだけど、
例えば空腹で死にそうな武士だったとして、目の前の農民が、「食いますか?」とにぎり飯をくれようとしたとして、

「食ってください。という気持ちでなくては、ワシは受け取らん」

と、拒否して歩いていくとするなら、それはアッパレなのだろうか。

きっと、女性は頭をたれて有難くにぎり飯を受け取るんだろう。
勿論、武士のような「畏怖の念をこめられなくてはならない」なんてプライドを守る必要がないのもあるし、
そうしなければ、生きていかれないからっていうのも、あるんだろう。


飯を食わねば戦は出来んのにね?


本当は、違うんだよね。
今、農民からの施しを有難くいただくことで、戦をするというプライドを守れるなら、
頭を下げる。
まぁ、そんなのはさて置いて、本来はにぎり飯を食べるとおなかを壊す特殊体質だとかの、逆にマイナスが発生するような事態でなければ、善意は頭を下げて受け取るんだっていうのもあるんだけどね、普通に。


ただねぇ。

「これでも食ったらどうだ」と言って、農民が下に投げ捨てたにぎり飯を食えるかって言われたら、
私は、まだ食えないかなぁ?


でも、
一瞬固まって時を待って、
農民がいなくなったら食べるかも知れないけどね(笑


テヘ。


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

no title
最近、トイカメラアプリに、はまってきました。

占い道具も、カッコヨク撮影出来そう……
な、気がするだけだけど(笑)

ついでに、自分パチリ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr


パタパタして、遅れてしまったお昼時。
休憩室には、食べるものがあまりなく。
カップめんと迷って、玄米ブラン。
栄養的に、いいかなって。

カカオより、本当はブルーベリーが、好き。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr



休憩場所にて

雰囲気ある写真が撮れた?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

↑このページのトップヘ