西洋占星術の話をしようかな。

メインで使ってないんだけど

西洋占星術は、生まれた場所年月日時から、そのときの星の配置を読むもの。
バリ天動説な世界観です。

空の配置に意味がある。
その空の下たに生まれたその子は、影響を受ける。
みたいな発想かな。

惑星の配置によって、凶角というものも存在する。

スクエアだとかオポジションとか、専門用語はあるんだけど、
惑星と惑星の位置関係が「相性の悪い」感じなのです。

占い師さんによって、凶は凶として読む人もいるんだけど、

私は、そんな風に思ってない。

凶角を持つ人は、その部分において「適度によい」状態にはなりえない。
「悪い」か、「とても良い」かのどちらかなのだ。
「とても良い」は、凶部分に出るのか、はたまた別の場所に出るのかは分からない。

極端な話

適度に繊細な人は、人にたいして適度に繊細に気遣う。
適度に大胆な人は、適度に大胆な行動に出る。

繊細さと大胆さを持つ人は、二つの性質が後ろ髪を引っ張りあって巧く動けなくなる。

一見行動は、適度に繊細な人や、適度に大胆な人に劣って見えるだろう。

諦めたら、そこで負け。

自分らしい模索を紆余曲折続けた結果、

繊細かつ大胆な行動が出来る。


それは、適度に繊細な人にも、適度に大胆な人にも真似のできないものとなる。


凶角は、与えられた試練かもしれない。

凶角に勝ったとき

それはつまり、試練に勝ったとき
それはつまり、自分に勝ったとき


凄い力が身に付いている筈なのだ。



よかったら、ぽちっとしてね(^.^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ