比良井しほり☆占いの館 □青魔道系占い師 比良井しほり□

こちらは名古屋の占い師 比良井しほりの運営する占いサイトです


自由気ままにやっている 名古屋生まれの 青魔道系占い師です(^^)



↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓
メルマガ登録


占い+αのスクールグロリオーサ 様にて占い講座の講師をしています。

ガンダム

折角とある方からガンダム語録をお借りしたので

ガンダムからの名言です。

『ガンダム一機の動きで マチルダが助けられたり、
 戦争が勝てるなどというほど、甘いものではないんだぞ』
By ウッディ

連戦の末、ジャブロー要塞に到達した強襲揚陸艦「ホワイトベース」。
その修理をする整備部隊隊長ウッディが、戦死したマチルダの婚約者だと知り、死なせた事を謝ったアムロに、
ウッディが言い放った言葉の様です。


愛する婚約者が戦死して。
辛い状況下で、フラフラと若造が「申し訳ない」と言ってきた。
それに対するウッディの言葉。

アムロからしたら、
「俺がなんとかしていれば」
「俺がもっとしっかりしていれば」
自責の念にかられていたのですが、

その自責の念が、思い上がりだと言い放ったようなモノですね。

「お前の所為じゃない」
という救いの言葉とは、少し違ったイメージです。


アムロがもっと何かが出来たのではないかと、悔やむのは間違いではない。
けれど、ウッディの言葉は非道とは思わない。

たかだか若造が、責任背負えますみたいな顔して出てきやがって、舐めてんじゃねぇぞ。
と。



誰もが皆必死で戦っていた。

それでも、どうにもならない事はあって、それに対して自分はこんなにも心を痛めているというのに。

お前が一人頑張れば、戦争が勝てるとでも思っているのか! と。

もっと言ってしまえばね?
アムロは謝罪することで、やるせない、「どうしようもなかった」事実を受け入れられずにいる気持ちから、開放されたかったとも言えるんですよね。


さて。
このシーンはやはり、タロットで割り当てるなら「運命の輪」のカードでしょう。

色んな説明がありますが。
要は、人間の意図とは関係ない場所で車輪が回るように運命が回っている。
良いことも、悪いことも。
回っていく――。



大きな車輪にしがみつくようにして、ただ翻弄されるしかないしょーもない人間。


それを痛い程に痛感させられる「戦争」という事態。

「僕がもっとしっかりしていれば」
同じく車輪に乗っているのにもかかわらず、それに気付くことが出来ない若造が、
運命に抗えると言わんばかりの台詞を吐く。


「ガンダム一機の動きで マチルダが助けられたり、
 戦争が勝てるなどというほど、甘いものではないんだぞ」


大きな流れの中で、
利益も不利益もくるくると巡る――。


成す術のない、辛さ、切なさ。

利益を受けたものは喜び、
不利益を受けたものは、ただ泣くことしか出来ない。


運命の輪。


お前が運命に抗えると思っているのなら、
じゃあ、そのガンダムとやらで戦争を終わらせてみろよ、と。


自分が出来ることなら、もうやっている。
お前が出来ることなら、もうしているだろう?


そういう、戦争なんだ、と。




なかなか。
コワイ。


クライアント:「会社ではなんか不倫騒動があってから社内恋愛禁止っぽくなってしまって。
         どうしても好きな人が居るんですけど、話しが出来なくなっちゃったんです。
         話すタイミングとかも、業務上のからみしかないので、どうやって近づけばいいのかが判らなくて」

カードを出す

――運命の輪(ガンダムVer)

占い師   :「あなた一人の動きで 業務に関係なく彼に近づけたり、
        社内恋愛が開放されるとかいうほど、甘いものではないんですよ」




って、事なんですかね?

やっぱり。



人気ブログランキングへ

再び、ガンダムの名言とタロットでいきます。

ガンダムは詳しくないのですが、何故か手元にガンダム名言集があるっていう、ね。

キシリア・ザビ
『話は信じるが、戦果だけが問題なのでな』


新鋭モビルスーツの働きが目立たない理由を部下に質問したキシリア。
部下から、パイロットの殆どが志願した学徒動員兵ではあるが、体制は万全であったと聞かされた後のキシリアの台詞です。

出来る上司というところでしょうか。
実に頭の回る回答だと思います。


体制が万全であるというのは、部下の言い訳。
だって、新鋭なのになんで目立たないの? って上司は思う。
万全であろうが無かろうが、結局目立ってないなら何かしら不備があるんじゃないんですか?
と、上司は突っ込みたいところ。
それが、「話は信じるが」という一言を添える事で、頭ごなしではなくなる。



これを言われたら部下はぐうの音も出ないでしょう。

タロットで当てはめて考えるなら、私は「正義」のカードを割り当てます。
正義のカードは天秤を持ち、剣でもって判定を下す裁判官です。

物事を冷徹なまでに天秤で量りきる。
ある種、正しい。

きっと、キシリアの頭の中では正義のカードが持つ天秤がカシャカシャっと動いたことでしょう。

「話は信じるが」

は、部下に対する気遣いというわけではなく。

頭ごなしに言う事で、部下の反感を買うのは上策ではないと判断したのでしょう。

相手の話をサラっと受け流しつつ、きっちりと釘を刺す、鮮やかさ。


下手に怒るよりも、しれっと「戦果が問題」と言われた方が、部下としてはドキドキするのではないでしょうか。


例えば営業職員が結果を出せなくて、
「毎日毎日訪問しているんです」

なんて主張に、上司がしれっとした顔で言うわけです。

「話は信じるが、結果が問題なんでね」

二の句、告げさせず。

パイロットの殆どが志願した学徒動員兵であろうが無かろうが、
毎日訪問しようがしまいが、

どーでもいいんです。

あんたのスケジュールなんざぁ知ったことではないんですよ。

結果が出ていれば文句は何一つ言わないです。
でも、結果、出てないよね?

っていう、会社のワンシーンを見た感じですね。


冷徹とも言えるこんな台詞を、一度言ってみたかった気がしますな……

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ