面白いテーマを見つけたので、
一つ考察してみようと考える。


女子にモテる会話術とは?

とか
正直、解りやすいハウツーを求めてしまう段階で
なかなか難しいような気がしてならない。



女子は案外徒党を組んで、外部には個性を打ち消して見せることが習性としてある気がしなくはないんだけど、

やはし。


個体差


は、デカイと思うんだ。

モテる会話以前に、人として、
『個体差を認識してあげる』
ことは、重要なんじゃないかなぁ?

なんて、私は思うんだよね……


モテる会話

としてしまえば

個体というより「女子」としてのアプローチをかけているわけ。

人の付き合いは鏡

と言うなら、
「個性を認識しない、単なる女子」としてアプローチをかけたなら
相手も
「個性を認識しない、単なる男子」
としてしか認識しないのではないか、と。


個性という概念を許さず、単なる女子・男子カテゴリーにしてしまえば

自ずとそいつは

No.1

を求める訳で。

つまり
カッコいい
学歴ある
会社が○○
とか

可愛い
学歴がそこそこ
職種が○○
とか

の上位ランキング者
になるんじゃないかな〜と、思うんだよね。

ぢゃ
その上位ランキングに入れている自負があるなら
「モテる会話術」なんてなぁ意識しない訳で。


No.1を狙えないなら

オンリーワンを狙うのが良いわけで


人の付き合いは鏡


と言うから
まずは相手のオンリーワンなところを認識してあげて、会話に出してあげるのが一番宜しいのではないか、と私は思うんだよね。


ちなみに
可愛い女子に向かって
「気が強そうだよね」
とか、微妙にマイナスとも取れる発言をする手法があったりするけど

これは、「可愛いはずの私に向かってなんてこと言うのかしら」と、微妙に印象を残すためのパターンと


「可愛い」と言われ慣れているだろう女子に向かって、敢えて「気が強そうだ」とか、カマかけて、
「私には確かに気が強いところがあるのよね」
と、個性を認めていると思わせるアプローチのパターンが考えられたりする。


とか
真面目に分析してて、いいのか占い師って感じだけど……


面白そうだから
つい考えてみたくなったのよ


こんな占い師が居たっていいでしょ?(笑)


あはは……
とりあえず、笑っとこ〜っと(笑)