比良井しほり☆占いの館 □青魔道系占い師 比良井しほり□

こちらは名古屋の占い師 比良井しほりの運営する占いサイトです


自由気ままにやっている 名古屋生まれの 青魔道系占い師です(^^)



↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓
メルマガ登録


占い+αのスクールグロリオーサ 様にて占い講座の講師をしています。

北斗の拳

今回は北斗の拳からの名言です。

いやぁ。
タロット悪魔のカードを紹介したいなぁと思うのですが、そこここに見受けられるはずなのにも関わらず、
名言とかでHITしてこない。

ようやく思いついたシーンが、多少無理はあるものの、以下のシーンですかねぇ。
(でもYouTubeでは出てこない)

『奪い取れ。今は悪魔がほほえむ時代なんだ!!』
By:ジャギ


時は199X年。
人は選択してはならない選択をし、戦争の末に世界を腐敗させる爆弾を使ってしまった――。

荒廃した世の中では、力こそが全て――。

拳で戦い、生き抜く男たちの熱いドラマ満載の漫画です。

主人公ケンシロウは、北斗真拳の継承者です。
恋人ユリアを連れているのですが、実は、南斗聖拳を継承している、修行仲間みたいなものでもあった年齢の近いシンも、ユリアの事を思っていました。

シンはユリアの想いを知っていたので、身を引いて耐えていたのですが――。

北斗をケンシロウと共に修行し、ケンシロウからすれば兄弟子だった「ジャギ」という男が
継承を出来ず、恥辱を与えられた腹いせに、

シンをそそのかします。

「なぜあきらめる必要がある。
 おまえもあのケンシロウの甘さは知っていよう。
 今の時代をあいつでは生き抜いていくことはできん!!
 となればユリアは必ず誰かの手におちる!!
 それでもいいのか!!
 おまえほどの男がなにを迷うことがある!
 奪い取れ。
 今は悪魔がほほえむ時代なんだ!!」


――正義とは何か?

正しいと信じる道を通して、その先に何が待つ?

暴行、略奪――目の前で当然のように起こる日常。

こんな世の中で、正しい道を通して、何が待っている?

はて、正しいとは何か――?

周りが笑顔で居ること?
それとも――こんな荒廃した世の中では――


――強いこと?


シンVSケンシロウ
(YouTube ぺたり。リメイク版かな? なつかしのオープニングソングも併せて♪
 シンが見事に悪魔に魂を売ってどのようになったか……ですかねぇ)
 
タロットで示す悪魔のカードは誘惑のカードとなります。
誰もが心に持っている闇の部分に、悪魔が囁きかける。

解っているのに、止められない。
鎖でつながれているかのように――その道に引きずられてしまう。

YouTubeのシンは悪魔に魂売り切った後なので、良心の呵責はさほどないだろう事を考えると、悪魔のカードとはちょっと言えない気がしなくもないですが――。


ジャギの囁きは、シンの心の中に既にあった悪魔の声なのでしょう。


欲しいのは愛しいユリア。
欲しいのは愛しいユリア。
欲しいのは愛しいユリア。


ユリアが望むなら、身を引く――?


目の前で繰り返される殺伐とした、日常の出来事――。

「奪い取れ。今は悪魔がほほえむ時代なんだ!!」


ジャギの言葉がシンの中ではくるくると回っていたことでしょう。

ジャギの囁く外部からの刺激によって、シンの中に潜んでいた悪魔が頭をもたげます。



腐りきった世の中で、師の教えだと?
規則だと?

ばかげてる。

正義とは何だ?



――力こそ、正義――。



人は誰もが、悪魔を飼っているわけですよね。
そんな悪魔と同意見の刺激を外部から受けてしまうと――ついつい、堕ちる。


まぁ、日常レベルにまで落とし込めば、ダイエットで甘いものを我慢しているのに、
友達から、
「いいじゃない。
 そんな我慢なんかしなくったって。
 明日からにすればいいのよ」

そ、そうよね。
明日から、明日から♪

――堕ちる。


信号無視にしたって、誰も信号無視していない横断歩道より、
誰かが信号無視をしている横断歩道の方が、無視しやすい。
(学生の頃、やったなぁ。この実験)



「え? いいのかなぁ?」

「いいの、いいの。大丈夫、大丈夫。やってみなよ。やりたいんでしょ?」


悪魔と正義のせめぎあいの結果――堕ちていく瞬間。

大なり小なり、ありますよね。



――力こそ、正義。

欲しいモノは全て、力で奪えばよいのだ――。


シンの様に堕ちて――後に引けず、暴走の道にハマっていくことも、事と次第によってはあるのでしょうね。

人気ブログランキングへ

再び北斗の名言です。

今回はシュウ。
結構、好きなキャラクターでした。


一子相伝北斗
流派も枝葉に分かれた表の拳、南斗。

南斗鳳凰拳の継承者、聖帝サウザーが身勝手な圧政を行っていた。

南斗白鷺拳の使い手で仁星を背負うシュウが抵抗組織を率いていた。
シュウは若かりし頃にケンシロウに出会い、若い可能性を感じ、掟を破って彼を助けるため、
自らの両目をその手で潰した男だ。

サウザーの暴挙の元、食糧難が続く抵抗組織。
沢山の子供達を抱え、子供達の未来を望むシュウ。
そんな最中、子供の親達がサウザーの食料庫から、食料を強奪してくる。

食糧難にあえいでいた子供達は、喜び勇んで口をつける。

しかし――食料には毒が含まれていた。

目の前で苦しんで絶えていく子供達に、シュウは怒りと悲しみに震える。


『光をうしなった役立たずのこの目でも 涙だけはかれぬ!!』


これがサウザーのやり方なのだ! と。
仁義の星を背負ったシュウは、人のために涙を流す。
自分の息子がケンシロウを守るために、爆弾を身に着けて自爆をしても、誇らしげにした男は――

部下の子供を救えなかった事に、心震わせて涙するのだ――。


やはり。
このシュウにタロットを割り当てるのであれば、私は「法王」のカードを割り当てるでしょう。

懺悔する人をただ、愛の心で許す聖職者。


シュウの流す涙は、心の涙なのでしょうなぁ。

ただ。

こいつはこの「法王」のカードに対する個人的なイメージなんですが……
案外、苦手な側面も感じたりするんです。

慈悲深いとか、心で許すとか言いますが、
ファイナルファンタジー10というゲームの影響もあるのかもしれないし、
色んな神話のイメージもあるのかもしれない。

教会って場所が、必ずしも愛に溢れた慈悲深い、優しいだけではないような気がしてなりません。


古きルールにのっとった何か。
頭が固いとかっていうイメージも、私にはついてまわるんですよね。


この「心」っていうのは、個体差のある人間味溢れる心っていうよりも、なんか、一個ルールがあるような。
教会には経典があるじゃん?
っていう。

ま、そんな事言っちゃうと、女教皇とどう区別つけんねん?
って話にもなってはくるんですが、女性なだけに、私の中ではあっちは「能動的発信がない」イメージ。
受身判断はしますが、言いはせんわけです。


で、話を戻し。

シュウは好きなんですけど、部下の子供が死んで涙するなら、
やはり、自分の子供が死んだ時も涙してほしい――というのは、私が女の子だから理解できないところなんでしょうか?

熱い男には、わかる何かがあるんかな?

仁というルール。
その星の元に生まれた、自分の子供は、天命を全うしたのだから誇らしい。


それは、本当に心なのか、と。


ただ、シュウは本当に優しいですよ。
ケンシロウを守るために自分の目を潰したくらいですからね。
子供達のために、もう大変な業務を背負って血みどろになったりもするわけですからね。

「仁」は、思いやり、いつくしみ、なさけ。儒教における最高徳目です。

法王のカード以外に何が割り当てられるでしょう?

「仁」は時に犠牲的。
(けど、犠牲の星であるレイは、本当に犠牲的だけど、思いやりっていうのとはまた微妙に違うよね)


思いやり、いつくしみ、なさけ。


シュウが選択するように、人を思いやり、いつくしみ、そして、許せ、と。
そして、シュウが選択するように、時に人のために犠牲的でもあれ、と。

そして、シュウが選択するように、時に思いやる選択をした者が犠牲的な行動をした時には、悲しむよりも称えよ、と。


結構、厳しい気がしてならない法王カード(シュウ絡めVer)。


だから、

クライアント:「彼氏が浮気しているみたいなんです」

――法王カード(シュウ絡めVer)

占い師:「彼氏にとって、その“浮気”は必要なことだと思いますか? 何故彼は浮気をしたのでしょう」

クライアント:「必要かっていわれても――私はそんなの、許したくないです。
        彼のこと信じられなくなるし。
        でも、確かに最近ちょっと連絡してなかったのかも……」


占い師:「許しなさい。彼に寂しさを与えたのは貴女。
     許しなさい。そして、詫びなさい」



シュウなら多分、そう言うのだろうなぁ……。


嗚呼――犠牲的?(笑


人気ブログランキングへ

帝王に逃走はない。

北斗の拳からの名言です。

二分される北斗と南斗。
一子相伝の北斗が裏の拳であるならば、南斗は表の拳。

流派も多く枝葉に別れていった中で、鳳凰拳は一子相伝の拳。

一旦は主人公ケンシロウを退ける聖帝サウザー。
しかし、二度目の戦いで、サウザーは無敵の秘密をケンシロウに読み解かれ、もう勝敗はついていた。

向かえば死すのみ。

しかし、帝王は退かぬ。
退いてはならないのだ。

『ひ…退かぬ!! 媚びぬ!! 省みぬ!!』

命が散ると判っていながらも、帝王である鳳凰拳を継承した自分は、絶対に退くわけにはいかなかったのだ。

敬愛する恩師より一子相伝として譲り受けたその技で、退くわけにはいかなかった。

最強にして最高。
鳳凰拳の右に出るものなど無い――。

退くわけにいくものか!

死を覚悟したサウザーから出た最後の言葉は「省みぬ」。
勝敗が確定していることは、既に百も承知。

北斗の前に帝王の拳が散る事は、頭では判っている。
それでも――退くわけにはいかぬ。

帝王としての、プライド。
そして、守りたかった敬愛する恩師と、鳳凰拳へのプライド。

この命散ろうとも、通さねばならないものがある――。

漢です。

漢字の漢と書く漢ですな。

人は時に、失敗することが分かっていても、敢て進みたくなるときがある。
否――進まねばならないときがある。



散るのが命ではなく、例えば――恋だったり。


散るのが判っていても、告白するようなものでしょうか。



「ひ…退かぬ!! 媚びぬ!! 省みぬ!!」



高校時代には、そんな勇姿を見た記憶があったような……。
大号泣して泣き崩れていた乙女達でしたが、それでも、省みてはいなかったんじゃないかな、と、今振り返って思う。

さて。
こんな勢いのあるシーンは、タロットで言うならやはり、「戦車」のカードを割り当てるに相応しい。

戦車のカードは、アゲアゲで進めとか、勢いがあるとか、告白しろとか、色んな事が書かれていたりしますが……。

つまり

「退くな! 媚びるな! 省みるな!」

というカードだ〜ってイメージで見てみると、その猛々しさが伝わってくるのではないかと思います。

守らねばならなかった、鳳凰拳の帝王としてのプライド。

退けば守れず。
媚びても守れず。

守らねばならぬなら、向かうしかなく。
ならば、省みる必要などないだろう、と。


つまり。


クライアント:「●●くんが好きなんです。どうしたらいいでしょう?」

――戦車のカード。

占い師:「退くな! 媚びるな! 省みるな!」

上手くいくかなど、知ったことではない。
しかしながら、進まなければ、その想いは守れない。


退くな!
媚びるな!


そして、省みるな!

守るために戦ったその勇姿。
この占い師が見届けてやろう……。




北斗で絡めると、やはりタロットは熱いカードになっていきますな……。

人気ブログランキングへ

『わたしたちが希望を捨てたらどうなるの!
 わたしたちには 希望しかないのよ!!』

再び世代なので、北斗の拳です。


拳王(ラオウ)侵攻隊に村が襲われ、逃げ隠れていた、アイリとリン。
美しさゆえに囚われの身となっていたアイリに、過去のトラウマが襲い掛かる。
恐怖して恐れおののき、不安に駆られて絶望したアイリに、
アイリよりもずっと幼く、しかも身内が誰一人残っているわけでもないリンが、真っ直ぐな瞳で声をかける。


「わたしたちが希望を捨てたらどうなるの!
 わたしたちには 希望しかないのよ!!」



想う力というのは、凄まじい。
と、案外私は思っていたりします。

引き寄せの法則って言う言葉も、ある場所ではあるけれど――


例えば、スポーツにしたって、最終直面で「気持ちで勝つ」ってのは、あるとは思う。

でも、勿論、それは自分なりの努力を全てし尽くして、もうどうしようもない状況に立たされた時に、最後の一押しとして、使われたりするんだと思う。


何の努力もないのに、気持ちだけで勝てるなら、オリンピック選手が頑張って日々練習しているのをあざ笑う事になる。
失礼すぎる意見だろ。

ま、それはさて置いて。


マミヤさんほど戦いに慣れているわけでもなく。
そもそも女は腕っぷしでは、男性には叶わなくて。


何の力もない、若い女と子供。
そんな二人が、襲われる村の中で恐怖に震える。


「もう駄目だ」


今まで自分がされてきたこと。
傷物の自分。

どうせ、私は――。

アイリの声が聞こえてきそうですね。

けれど。
リンは言い放つ。


「わたしたちが希望を捨てたらどうなるの!
 わたしたちには 希望しかないのよ!!」


諦めてどうするんだ、と。
最後の頼みの綱――それは、確証のない、「希望」。
それでも、捨ててはならない。

生き抜きたいと思うなら。
自由を死守したいと思うなら、


――捨ててはならない。



タロットカードに当てはめるなら、私はやはり「星」のカードを割り当てる。

空に輝く星。

ウェイト・スミスパックなら、希望だとか言われていますし、

マルセイユでは、純粋に行えること。

とも言われていたり。


名言を思えば――
――ただ、純粋に思うこと。


生き延びたい。
自由でありたい。


この星のカードを、二人の状況に当てはめてみるならば、なかなかサバイバルなイメージが沸いてきますねぇ。


クライアント:「●●くんが好きなんです」

星のカードが出たとする。

この、リンとアイリを当てはめる。

クライアント:「うまくいくでしょうか?」

占い師:「わたしたちが希望を捨てたらどうなるの!
 わたしたちには 希望しかないのよ!!」



――かなり難易度が高いって事でしょうか?



でも、実質アイリさんはリンの言葉で奮起するし、生き延びるわけだし。


「出来る」
そう信じた気持ちがあったからこそ、抜け穴に気付くことが出来るのも事実。


このリンとアイリさんのやりとりからタロット「星」のカードを割り当てて、想像力を膨らませてみると、


かなりの苦境を強いられていることを意味する。
けれど、希望を捨てたらアウトやで〜っていう。
しかも、この「希望」は「だったらいいな〜」レベルではない。

強く強く、信じる。
そして、それに向けて一心に努力をする。
自身の力で出来る事があるなら、全て行う。


その結果、


手に入れるもの。


希望の星は、遠い。

けれど。


「もう駄目だ」

隠れながらも全てを絶望し、震えたアイリさんと。
助かる。生き抜く。信じたリンと。


どちらがメンタル的に健全だろう?



リンの言葉で奮起するアイリ。
だからこそ、生き抜くために最善を尽くして動けた二人――。


なかなか、深い――。

人気ブログランキングへ


ここ最近、ちょっと漫画やアニメ、ゲームの名言とタロットを掛け合わせることにハマってきている私ですが……

世代っちゃ世代(年がバレる)なので、
北斗の拳です。

北斗は大好きです。
沢山好きなキャラクターは居るわけですが、中でも一番好きなのは

雲のジュウザ

カッコイイ。
正直、激しくカッコイイ。

「奴のカッコよさは卑怯だ」とメンズが呟くほどに、カッコイイ。

そんな彼の名言は
『俺は最期の最期まで 雲のジュウザ!!』


南斗五車星の一人ジュウザは、覇王となったラオウの暴挙を止めるべく動かねばならない立場だったのですが、
最愛の人ユリア(南斗最後の将)が、実は兄弟でしたという衝撃的な事実を知り、

「世の中なんてハハン。どーでもいいのさ〜」

な感じで、ジュウザは拗ねて自由気ままに自らを雲と称して生きていました。

って、元来彼は実にプライドが高く、自分の信念を曲げない男でもあった訳で。
そんな「自分を曲げない」ところを「自由」と解釈し、「雲」と称していたのかもしれません。

彼の最期は実に雄雄しい。

愛する女、南斗最後の将を守るため、誰が最後の将であるのかとラオウに詰め寄られる。
意志とは関係なく口を割らせ、逆らえば肉体が崩壊するという秘孔を突かれても、

自らの肉体が崩壊することを省みず、血しぶきをあげながらジュウザは言うわけです。


「俺は最期の最期まで 雲のジュウザ!!」



お前の命令は聞かない。
風の向くまま気の向くまま、俺の意志で自由に動く。
それが、俺だ。


カッコイイ。
カッコイイ。

そして、命をかけてまで愛する女を守った、(しかも愛するユリアには、ケンシロウという別の男がついているのに)一途な姿。

いい。
最高だ。

そんなこと、されてみたい(笑)。


さて。

そんなジュウザはタロットを割り当てるなら、私は愚者を選択するでしょう。

普段抱いている愚者イメージとはちょっとズレこみますが、新たな視点を増やしてみるという意味ではなかなか面白いのではないでしょうか?

自分の信念。
自分のプライド。

周りに併せる事無く、長いものに巻かれることも無く、自らを貫くその様は、


――愚か者にも見える。


こんな風に愚者を見ていると、実に雄雄しい姿に見えてくるから不思議ですね。

誰がなんと言おうと、俺は俺なんだ。

第三者から見れば、面倒くさいし、頑固は頑固。
融通利かないし、勝手にやりだすし、たまったもんじゃない。


南斗五車星は、実質もっと早く動かねばならなかったし、ジュウザはその中でもかなりの腕前を持った強い男だったので、
私の記憶が正しければ、海のリハク辺りが「動いておくれよ」と交渉をしていたような……

事実、ジュウザはラオウを結構苦しめます。


そんな力があるなら、さっさと動いておくれやす。

愚者の後ろで吠え立てる犬が世間だと言うのなら、


犬は海のリハクでしょうね。


そして、戦いの場で秘孔を突かれても喋らないジュウザを見て、ラオウの部下達は

「喋らなきゃ死ぬんだったら、喋ってしまえばいいのに」

と思った事でしょう。
この視点では、愚者の後ろにいる犬はラオウの部下達という事でしょうか?


「俺は最期の最期まで 雲のジュウザ!!」


自らの信念を貫き、世間をものともしないということは、時に死をも覚悟せねばならないときがある。

漢ですな。

漢字の漢と書いて「おとこ」と読む、漢ですな。


その漢具合に敬意を表して、亡くなったジュウザの死体にラオウの馬、黒王が土をかけます。
(アニメだけ? あれ? どっちか忘れた)
「埋めてやれということか」
ラオウは黒王の行為に気付き、部下に埋葬を命じます。


凛としたその生き様。
そして、自らを苦しめたその漢。


放置するのは、漢として名がすたる。
(しかし、あれだけ死守したのにも関わらず、ジュウザの死守具合でユリアが最後の将ってバレちゃうけどね)


愚者を決行する際には、そんな雄雄しい自分でありたいかもしれない。

なんてな事を思いますね。

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ