比良井しほり☆占いの館 □青魔道系占い師 比良井しほり□

こちらは比良井しほりの運営する占いサイトです


自由気ままにやっている 名古屋生まれの 青魔道系占い師です(^^)



↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓ メルマガ登録


占い+αのスクールグロリオーサ 様にて占い講座の講師をしています。

女教皇

女教皇を思う香り

変態だと昔、言われた。

別にええではないか。

香水の香りをかいで、ショートショートが一本書ける。

そいつは、単なる――イメージ。

香水は何かをイメージして作られる。
だから、出来上がった香りから、イメージが浮かんでもさしておかしくはない。


それは勿論、絵みたいに、
製作者のイメージとは必ずしも100%一致しないかもしれない。

私の独自の世界観でしか、ないかもしれない。

「何故そうなんだ?」
と、詰め寄られても

「そう思ったから」

としか、言えない。




トップ  ベルガモット、ラズベリー、アプリコット
ミドル  ローズ、スズラン、ジャスミン
ラスト  シダーウッド、サンダルウッド、パウダリートンカ

レディース香水の中で好きな香水の一つです。

私は、タロットカードで言うなら、このアナスイを「女教皇」だと思う。

可愛くて、ゴージャス。
魅惑的なんだけど、ちょっと敷居が高い感じ。

ウェイト・スミス=パックの女教皇とはイメージがちょっと違うかもしれませんが、

デッキによって私はこんな女教皇が描かれているときがある気がしてならない。

ラストノートはほんのりと甘く。

やはりね。
女教皇も女子なんです。

ただ、簡単に手出しが出来ない高貴な何かで守られているだけであって。

けど、その敷居は案外高い。

アナスイさんは結構高級感ある香りを演出してくれている気がして、好きだったりします。
(チープな香りも好きなんですよ)


魅惑的。
けど、このアナスイそのものは、「意図を持った魅了」ではなく。

そこに居るだけで。
彼女の挙動が、
彼女の存在が、

――勝手に魅了する。
(本人無自覚)


けれど、敷居高く手を出してはいけないと思わせる、ちょっとした個性と気品。


メンズが胸を高鳴らせながらも、手を触れることの出来ない、そんな女子。


ええ女です。
ええ女です。


いやぁ。
何で女教皇なのかって、私がもうあのカードが好きで好きでたまんないからですよ。

もう、教科書どおりの意味なんか根性で捻じ曲げた上に過剰な妄想を重ねてしまうくらい、
勝手にイメージがひた走っておりますが(笑


そんな女教皇の一側面を思わせるのが、
私にとって、アナスイのアナスイ。

(多分、女帝はフレッシュかつ甘い香りがしそうだ。金貨のクイーンはだだ甘いぞ、きっと)


そういえば、最近このアナスイをつけてないなぁ?
なんて。

アナスイのアナスイ……


近いうち、つけよっと♪

ヴァルキリー・プロファイル名言とタロット「女教皇」

凛とした美しさ。

全てのものを見据え、ただ、何をすることも出来ず。
そこにたたずむ――。



そんな姿は、私は時にタロットカードで言うなら「女教皇」に見えたりするんですね。

先にタロットのカードの話を振ったのは、女教皇はこれに限った読み方をしないから。

けれど。
それでも、このヴァルキリー・プロファイルの詩帆ちゃんは、私は女教皇のある一面を語っているような気がしてならなかったりもするのです。

ヴァルキリープロファイルは……
何度となく語っていますが、北欧神話設定を微妙に拝借した設定を成されたゲームです。

戦乙女であるヴァルキリー(レナス)は、
天界で勃発した戦争に使える戦士をみつくろうため、良質なエインフェリア(人間)の魂を選定します。

そんな中で選定された一人、歌姫の詩帆――。

戦乱続く世の中です。

生まれながらにして目の見えない詩帆は、歌姫として育てられます。
彼女が歌うその歌は、死の歌。

兵士達を狂乱させ、バーサク状態(狂戦士)へと変貌させる恐ろしい歌です。
故に、彼女がかり出される戦争はなかなかの成績を上げます。

けれど――。


死をも恐れぬ狂戦士達。

血しぶきをあげながらも狂った様に刀を振り回す男たち。


目は見えずとも、人が倒れ傷つき息絶える音を聞き、彼女はどれだけ心痛めていたことでしょう。


それでもなお。
彼女は歌うしかなかった。



彼女の存在意義は、戦士を狂わせる歌を歌う――それだけだったから――。


ある戦で、彼女は歌をやめることを決意します。

同胞から蹴られ、歌うようにしむけられても彼女は口を閉じたまま――。
狂戦士にならなければ、戦には負ける――。


敵方の蘇芳という武将が、歌姫である詩帆を見つけ、語りかけます。



『歌を捨てて、何を望む』
by 蘇芳


『死です』
by 詩帆



もう、開放して欲しかった。
私が存在するということは、人が死ぬということ。

そんな呪われた運命なら、私はいらない――。

「与えることに疲れ、与えられることを望む私は、さもしい女でしょうか」

彼女の言葉はとても重い。
与えられることを望むのは――死――。


しかし、蘇芳くんは美しい歌姫を手にかける事は出来ず。

お持ち帰りしたのですが、
「この女は数多くの同胞を死に至らしめた元凶だぞ!」

と上司らしき武将が、詩帆を殺してしまいます。


YouTubeぺたり。
詩帆エインフェリア選定


切なく。
儚くも、どこか気丈で。

凛とした美しさ。
運命には抗うことはできないと、ただひたすらに全うし続け――。

けれど。

心の中でふつふつと騒ぎ出す違和感。
死んでいく――私の所為で、死んでいく――。


私の存在意義は?


人を、殺すこと?



人殺しに加担する、許せない自分。



深く思い悩み、考えながらも受身で居続けた詩帆。
そして、能動的に動くときには、またマイナスな動き方をしてしまう、そんな詩帆は、

どこか少し女教皇を彷彿とさせたりもするのです。

(ていうか、女教皇はなんか好きなカードなので、女子割り当てをするならバリエは沢山あります)


で、個人的な話ですが、詩帆がキャラクター的に好きかと言われると、そこまで好きじゃなかったり。
昔はキライな類でしたが、最近はちょっと好きになりました。

私は、発想が男っぽい女の子が好きなんですね(メルティーナみたいな)


人気ブログランキングへ

ガンダムZの名言とタロット「金貨のクイーン」「剣のクイーン」

アニメやゲームの名言とタロットを掛け合わせているここ最近ですが……

久々に会った、ブログを拝見していてくれた心優しき友人から

「正直、深すぎて引いた」

と言われました。
なのにもかかわらず、何故か私に「ガンダム語録」を渡してくれました。

書け、という事なのでしょうか……。

いいんです。

とりあえず、いまのところ私は自分の道をひた走ります。

えぇ。
だって、それしか判らないんだもの。





機戦士ガンダムZからのオトナな名言です。
『女の愛撫で男を奮い立たせることができるのなら、女はそれをすることもあるのよ』
ベルトーチカ・イルマさん。

カミーユとシャアを宇宙に上げる準備が進む中、アムロは戦いへと身を投じることを拒んでいた。
苦しむアムロを見てベルトーチカは彼にキスをして激励する。




おーとーなーーー!

はい、一緒にもう一回!


「おーとーなぁ〜〜〜!」



無理〜。絶対無理〜(−皿−;


なんていうか、歴史詳しくないのに北条政子とか勝手に思ってしまう私。
(女が全てをまわしてる(笑))



出来る女子だと思います。


俯瞰で見て判断した最も良い方向性に進ませるために、
女という武器も使う。

全体なものを見通せる力は女子より男子だと思うのですが、
男子視点がありながらも、

自らを「女子」だと客観視できた上で、かつそいつを武器に使える様はかっちょいいい。


かっちょいい。

いい女です。
頭が下がるいい女です。


男たちは彼女の手のひらで踊り狂うのでしょう。
そして、手の上で踊り狂っていることにも気付かされないのでしょう。


男性的な全体を見通せる視野がある場合、ついつい自分を女子だという事を忘れてしまいがちですし、
女子の武器を器用に使いこなせる女子は基本的に、全体的視野を持ち合わせない。

女性的な自分の武器を意識すれば、
女性的な生き方をチョイスする可能性が高く、
女性的な生き方をチョイスするなら全体的視野など必要ないケースが大半だからです。


全体的な視野を持っているのにもかかわらず、自分が女性でなおかつ相手にどのような印象を与え、
武器として何が使えるかを理解している彼女は、




正直、半端なくすげぇやと思います。





好きな人ならいざ知らず。
アニメ見てないから判らないけど(←をい!)多分、恋愛感情を持っている相手というわけでもなさそうな気もする。

オトナだ。

さて。

名言とタロットは基本大アルカナで割り当てていこうと思っていたのですが、
「女子」という観点でいったら、小アルカナのコートカードも含めずにはいられない。

アニメを拝見していない私は、二つの観点から「金貨のクイーン」「剣のクイーン」そして、絡めて女帝や女教皇もいきたいと思います。


まず。
ちゅうをしたのはアムロを奮い立たせるためでしかなく、アムロに一切の恋愛感情がないパターン。
(恋愛感情はないけど、まぁ、「お気に入り」とか「キライじゃない」程度はあったとは思われる。ていうか、思いたい)
このパターンであれば、私は金貨のクイーンを割り当てますな。

金貨のクイーンはこれに限った読み方をしませんが、

女性らしく、そして厄介だと思わずにはいられないのが金貨のクイーンです。

クイーン達は誰もが皆女子らしいのですが、
メンズが思い描く魅力を感じやすい「女の子らしい女の子」二パターンが、私の中で金貨のクイーンと聖杯のクイーンです。

その二人のうちでも、
金貨を割り当てられた彼女は「計算高く、女性的な算段が巧い小悪魔」というイメージなんですな。

ある種、キレモノ。

彼女が狙った獲物は、まぁ、かなりの確率で落ちるでしょう。
さようなら(笑)。

腹の中で算段しながら、女子として最も良いポジションに君臨しようとするのは金貨のクイーンイメージです。
コンパの影の帝王、みたいな。
全ての人間が、彼女の手のひらで踊らされます。
邪魔なモノは「ふっ」とひと吹きされて、手のひらから零れ落ちていくのでしょう。

彼女の前では「女が全てを回してる」と思わされずにはいられない。
(あくまで、こう読むときもあるってダケですよ)


こわーぃ(T皿T)


算段が出来るクイーンなら、アムロの心中も全て手のひらの上。

例えば、アムロが動く事によって、気になるメンズが利益を受けるなら、
若しくは自分の功績(さすがにアムロは「ちゅうされたんで」とか言わないだろうし。「説得された」表現するだろうし)を認めて貰って
気になるメンズに高評価を狙っているのであれば、

平気でちゅうが出来る女。

それが、金貨のクイーン。




興味のない男に対してのちゅうも、全て目的を得るための「プロセス」。



と、損得感情を一瞬のうちに頭の中ではじき出し、女性的に振舞えるのが金貨のクイーンではないでしょうか?
古い表現ですが、計算マコちゃん。

金貨のクイーンは、時に狙うメンズによっては「天然キャラ」も装います。
(ちなみに、私は影でそれを「ラベルを変えた養殖モノ」と呼んでいます。私、天然が好きぢゃけん。
 でも、メンズには人気だと思う。
 理由:「天然よりも養殖故に扱いが楽な割りに天然気分も味あわせてもらえるから」
 かな、と(笑))


もう一つの視点。

ベルトーチカさんがアムロを本気で好きだった場合。

この場合には、私は「剣のクイーン」を割り当てるんですね。
剣のクイーンは変わり者。
正直、クイーン達の中で一番女性らしくないのは彼女ではないでしょうか?
そして、俯瞰で物事を見ることが出来たり、
時に個性的な視点を持っていたりもします。

ただ、仮に全体的視野を持っていたとしても、そいつを解決するアプローチは何処か男性的。

たまたま「こうしてみよう」と思ってちゅうをしたとしても。

そこまでは金貨のクイーンと同じように算段が出来たとしても、
(仮にアムロが好きだとしたら)


「女の愛撫で男を奮い立たせることができるのなら、女はそれをすることもあるのよ」


好きだと思っているメンズに、言わんでいいこと言うのが剣のクイーン。


もし、ちゅうの後にこれを言われたら確実に萎えるでしょ?
(私が男なら、萎える。でも、慣れてない純真さがあったら、ちゅうされた衝撃だけで相手の言葉なんて聞いてないかもしんない(笑))
剣のクイーンは自らの照れ隠しのために、そういう訳の判らないアプローチをかける不器用なイメージがあります。


で、第三者から詰め寄られたら
「そう言う事で、引きずったようなしょーもない惚れたハレたなしに戦場に出てもらえると思ったから」
とか、もっともらしい屁理屈をこね回して、ツンツンした態度で自分をひた隠すイメージ。

めちゃんこ可愛い割りに可愛げないアプローチしか出来ない、不器用さん。


さて。

ここで大アルカナで女子を割り当てなかった理由を述べましょう。



女教皇

彼女は動きません。
多分。

ちゅうとかしません。
多分。

聖職者だし(あ、そこで急に持ってくる?)。
というか、むしろ言葉でもってメンタルアプローチをしれっと試みることが出来るだけの英知を彼女は持っていそうです。
また、彼女は「戦場で困るから」という理由があったとしても、アムロが出るか出ないかはアムロの判断であると達観しているイメージです。
全てを見透かしながらも動かないのが彼女だというイメージなので。
確固たる自分の意志や意図はあるのに、OutPutは滅多にしないイメージです。


女帝。
彼女はある種全体的視野がありそうでなさそうで。
な、感じ。
だから、アムロが行きたくないって言うなら、
「そうなの? そうか。辛いものね」
と、彼を容認した上で、彼が一人で奮起するのをただ見守るイメージです。

女教皇が、自分の意見を持ちながらも賛同も否定もしない状態でただ見守るのに対して、
女帝は、自分の意見を持ちながらも、賛同をするイメージです。

二人ともちゅうはしなさそうなので、今回は私の中では不適切。

よって、

金貨のクイーン

または

剣のクイーン

な、イメージでした。





「女の愛撫で男を奮い立たせることができるのなら、女はそれをすることもあるのよ」



ちょっと言ってみたい。

いや、

結構言ってみたい。

なんか、カッコイイやん?



ただ。

私の愛撫で誰か奮い立つんだろうか?

という疑問は頭を掠めるが――。


まぁ、どっかの誰かは奮い立つってことにしておこ……。


うん。


多分

きっと、





きっと、ね?



人気ブログランキングへ
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
livedoor プロフィール
お知らせ
--日常スケジュール--

☆毎週 月曜 は名古屋駅サンロード地下街
開○館E&○「風〇」という鑑定士名で鑑定しています♪
予約不要♪


☆個別鑑定行っております。 
名古屋栄某所にて鑑定を行います。
個別鑑定ご希望の方は完全予約にてお受けしています。
日程の調整がつきましたら、細かい場所をお知らせするシステムとなっております。


☆毎週水曜 ロバミミさんで電話待機しています。
 (他曜日も入ることがあるのでチェックしてね)


---タロット講習スケジュール---

☆毎月第四日曜
全八回講習
14時〜3 Or 4h
第一回 大アルカナ
第二回 大アルカナ
第三回 大アルカナ+展開法について(企画:メジャー展開法を考察してみよう♪)
第四回 小アルカナ
第五回 小アルカナ
第六回 小アルカナ
第七回 小アルカナ + フルデッキの扱い
第八回 小アルカナ + 応用♪
タロット講習
ご参加希望の方はタロット講習参加希望←クリック♪


☆現状不定期開催。
ブログ要チェック講座!
◯Element Card講習
◯Element Card初級
◯Element Card中級 第一 第二
◯Element Card上級

◯会話のための手相WS 1,2,3回

◯トランプ占いで遊ぼうWS

◯ダウジングWS


占い+αのスクール グロリオーサ様にて講師をしたりもしています☆


企業さまからのご要望により、コミュニケーションに占いを使おうetcの講座を行うことがあります。


---------------------------

Shihori Hirai

バナーを作成
どんな人.com
名古屋で占い師しています。 プログラマを経て、気付いたら占い師。 月曜に開○館で鑑定♪ 地元カルチャースクールでふわっと占い講師もしてみたりしてまーす。 Element Card(オリジナル占いカード)製作。 タロット、九星気学、易、数秘術、手相、オラクル etc
//-->
占いパーツ
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
相互RSS
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ