最近バタバタしてしまって、なかなかブログの更新率が低下している比良井です。

すいません。


先日はElement Card 中級講座の第二弾でした。


カウンセリング的なアプローチに焦点を当ててお話をしました。

というより、実際はこんな話をすることで、改めて「自分の鑑定スタイル」というものを考えてみましょう。

というものでもあります。

一番最初に投げかけた質問は


「占いは、どのようなものですか?」


でした。

こいつに対して、私の持論はあったとしても正解、不正解はありません。
(いや、実際は不正解はあるか。「着る物です」とか言われたら不正解だしなぁ(^^; )


当たり前のことなのに、私もいくつかの講習を参加させていただきましたが、どこの講習でも改めて質問をされたことはありません。

そして、多くの人が改めて質問されると、答えられなかったりするものです。


「占い? って、アドバイスっていうか、ねぇ?」

と、隣にいる自分の友達に話を振ってみたりして、なんとなく誤魔化すパターンは大変に多くなるのではないでしょうか?


自分個人の意見として、堂々と言える「占いとは?」。


触れれば触れるほど、その世界は大きく感じて、
また自分の焦点は大変にピンポイントになって。

改めて全体を見渡して「何?」と、質問を受けると困惑するのです。


「占いとは何ですか?」
という質問に対して、正しい、間違い、批判的、賛同的様々あっても、実はそのジャンルに触れていない人の方が端的に答えます。

例えば
「女の人が好きなもの」
「眉唾なもの」
「根拠のないことをいうもの」
「面白いもの」
「エンターテイメント」
「癒されるもの」
「恐いもの」


占いそのものに触れていない人たちは、専門的な知識がないが故に、くくり方も単純で、偏った意見だったとしても一言出してきたりします。

専門的な知識がつくに連れて、なかなかひとくくり表現は難しくなってきますが
答えていきたいものですね。


実は。
これは占いに限ったことではないのですけどね?


多くのお仕事に関係をしてくるでしょう。


講習内ではネイルの話を例に出しました。


例えば。
(ちょっと暴力的な例ではありますけどね(^^; ネイリストさんごめんなさい)
二人のネイリストさんが居たとして。
「ネイルってどんなものですか?」

と質問をしたときに

Aさんは「好きなものを身に着けていると、とても幸せな気持ちになるもの。
 特に指先は自分の目の前でも動くから、とても気分が良くなる」

と、答えたとします。

Bさんは「女性を美しく彩るもの。とても素敵なものをつけて、より女性らしさを演出するもの」

と、答えたとします。


二人のところにお客様がおみえになりました。

Aさんはきっと「あなたはどんな色が好きですか?」と、服装や雰囲気から好みを探りながら傾聴に入るでしょう。
Bさんはきっと「最近の流行のネイルはこういうものなんですよ」と、情報提供から入るでしょう。

どちらが間違いというわけではありませんが
「ネイルとはどんなものであるか?」というものが違うと、アプローチのかけ方が自然と変化してしまうのがわかるでしょうか?


だから、私は最初に敢て、質問をしました。


「占いとは、どんなものですか?」




さて。
中級第2弾をまたするまでに日が開くだろうということで、私の回答をアップしましょう。

「占いとは」

「一つの意見を持ったツール」

こんな答えになります。

私にとって占いはそれぞれの特徴とカラーを持った一つの「道具」なんです。


昔読んだ書籍で
白魔術、黒魔術なんてものがあるが、実際は魔術そのものに色がついているわけではない。
呪術者がその魔術を白にも黒にも染めるのである。

なんていうようなことが書いてあったのを思い出しましたが、まさにそんな感じ。


道具をどのように使うのかは、占い師に委ねられていると私は思っています。


占いを、ご神託を受けるようなイメージのツールに使っても良いだろうし、そのからのエンターテイメントにしてもいいでしょう。
占いを使って、カウンセリング的な使い方をしてみるのも良いでしょう。


そして、時に占いは、悪用されたりもしますね(−−;

先に伝えておきますが。
占いが悪用されるとき。
悪用しようとしている人は「占い」という文言を使いますが、消して占いに詳しくはありません。
当たり前です。
「悪いことしたい」が目的にあって、その道具として「占い」を選択した場合は、目的が達成できるレベルでしか知識は必要ありません。
そして、世の中の多くの人たちが「占い」という言葉を知っていても、専門知識が無いので
「占い」という言葉を吐いて好きな事を並べ立てられるわけですね。


おかしい!
と、思ったらお近くの占いマニアまで(笑


実際、知り合いの方で
知り合いのご友人が怪しい占い師に騙されているような気がする。
というお話を受けたことがあります。

知り合いのご友人という遠い縁なので、直接関わることはありませんが。

マニアからしたら「それは、ありえない」ことを平気でしているわけです。
「それは、ありえませんよ。まぁ、流派は多岐に渡りますから、一概には言えませんが、私からしたら都合よく話を作っているか、
善意で捉えてあげたとしても、モノを知らない人です」



それと。
ここでは書けませんが、洗脳のプロセスもチラリとお話をしました。

そんな話をわざわざしたのは、自分が身を守るためにも。
そして、誰もが無意識に意図無く洗脳じみたことをしているケースはあるわけです。

そら恐ろしい不気味な例を出しながら

自分が無意識に洗脳じみたことをしていないかを、時折振り返って考えることもしていただきたかった。
(商用に意図的に洗脳なさっている方は、ふつーにいらっしゃいますけどね。「洗脳」って表現が衝撃的ではありますが、カテゴリ分けるなら、そう。
問題は、意識があるかないか。
意識があった際に、洗脳をされる側に激しいリスクが伴うかどうかが焦点だと思っています)

意図せず洗脳状態を作ってしまうと、予想だにしなかった依存を生んでしまったり。
意図していた場合には依存をされても覚悟がありますが(数年にわたることを覚悟していかなくてはならない)
意図せず依存をされると、鑑定側も予定外だっただけに滅入ってしまったりしますし、
意図をされていなかっただけで、そのプロセスを用意されて依存してしまった側としても、大変な迷惑です。


そして、そんな事を話していたのは、カウンセリングをするにあたって、
人が誤解をし易い点を解きたかったのもあるのです。

カウンセリングをする側も人間であり、判定をする際に自分の性格や人生経験からの好悪による偏りが必ず存在しています。
その「偏り」を意識すること。
理解すること。

これが、最も重要だと思っています。

占いも勿論、カウンセリングや心理学もそうですが

知識を得ると、知っているが故にあたかもそれを超越した人間になっているとでも誤認しているような人を何人も見てきました。

自分が「偏っている」事を知れば、真っ直ぐになるとでも思っているかのように。
「偏りをなくす」という努力は、素晴しいことです。
けれど、偏りが無い形になってはきていても、偏りが全くなくなることはありえない不毛な道です。

人間だからこそ、偏ってしまうもので。
偏った基準でしか、人を判断できません。

しかし、どの程度偏っているのかを理解すると、理性的にその偏りを補正することはある程度は可能となります。
そうすることで、より「偏りの少ない」状況を生むことが出来ますが。

けど、本当にクライエントの事を考えるなら、自分が適正な判断が出来ないと思えるクライエントさんを
適正な判断が出来るだろう人のところへ紹介するのが冷静で客観的で
とても正しい判断だと思います。





★☆★☆★shihori★☆★☆★

image
姓名東洋数秘術とは?




Twitterやってます
hirai_shihori


↓↓↓↓↓お得な情報満載の不定期メルマガ!↓↓↓↓↓
メルマガ登録



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




月曜、木曜は開○館E&E 名古屋駅サンロード店にて「風香」という名前で鑑定しています。
サンロード店TEL→052-569-5610



メール占い専門館
メール鑑定も行っております。
コチラ↑の鑑定は、一律5250円となっています。




。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆


比良井しほりが講習するわくわくタロット講習ご参加の希望方は→タロット講習ボタン



比良井しほり製作の占いカード! Element Card絶賛発売中!
カードお申し込みの方は お問合せフォームから「Element Card希望 シルバー または ゴールド」と書いてください。
→■お問合せ




比良井はメール鑑定も請け負っています♪メール鑑定
コチラ↑は、料金設定が豊富に用意されています。

。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆





ブログランキングに参加しています♪
ぽちっとして、応援してくださいね(^.^)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ